3 SHOP of FLPLab
  Shop  
   of   
FUNDAMENTAL LOGICAL PHYSICS LABOLATORY

当研究所の研究途中の内容が漏洩した為すべての研究を中断中です。
漏洩しても問題のないささやかなテーマの研究開発を予定しています。

アメリカはインディアンを一人残らず殺してしまったようです。
これで、公式に現アメリカ人は強盗殺人によりアメリカという領土に居座ったことになります。
ちなみにそんな集団は国とは言えません。
強殺犯の集団がアメリカ合衆国と自称して北米中央に居座っています。
自称アメリカ人は皆強殺犯であり尊属殺人犯です。
気をつけましょう。
近づくのは止めましょう。

201909016

雨のようだ

あのね、おふくろがまだ逃げろと言うの。
ということは、
私が抜いて、使ってしまったと思っているわけ。
まあ、私を殺したら、死んだら、どっちにせよ、そういうことにするんだろうけどね。
どう考えても、監視下で入れ物に入れようとしたことが説明できないだろうと思うわけ。
これね、早く開けてみれば良かったわけ。
そうすればね、たぶん私に皆が要求しているらしい謝れという賭けにできたわけ。
ところが、皆には中身を確認させなかったわけ。
その理由は、見せたくなかったわけ。
知っていたのよ。
ちゃんと入れてあったことを。
それに謝れで済めば警察は要らない。
警察までが乗り出したと言うことは、謝れでは済ませないという意味ね。
ああ、謝れば、たとえ使っていなくても、使ったことにして、早く終わらせてやるとかね。
それ、馬鹿にしか通じないわけ。
冤罪事件の有力な根拠はたいてい自白なわけ。
何しろ、朝鮮土人だしね。
見えないように指で突いて、痛がって手で払ったら捕まえようなんてする警察に期待する馬鹿はいないって。
そもそも、毒物を仕掛けて来たし、姉を誘拐したし。
ということは、警察も入れ物の中にものが入っているということを知っているから、
冤罪自白事件を構築しようとしているわけよ。
となると、お袋すら、冤罪事件にするために逃げろと言っていることになりかねないわけ。
となると、謝ればと考えている奴等全員が冤罪で片をつけてやると考えている可能性があるわけ。
ひどいね。
どんなことになるのか判らないけど、
勘当の件と使い込みの件とで、どちらが先に決着するかで、
時間が戻るに当たって、皆が死ななきゃいけなくなるか決まるわけね。
どちらも私の手を離れ、勘当の件は第2子、使い込みの件は確認に来る誰かに任されている事になったわけ。
皆が死ななきゃいけなくなったら、その責任は第2子が負うわけ。
私には関係無くなっちゃった。
私は、そうね、放って置いた一円でもかき集めて、金策に励むしかないわけね。
ただし、入れ物には触らないよ。
火事になっても放置。
だって、毒物が塗られていたら嫌だもんね。^^

これね、使い込みの件を放置しておいて、私が死なざるを得なくなって、何か起きたとき、
第2子をスケープゴートに使うつもりね。
つまり、つぼ上げをしなかった理由として、第2子が勘当の件を認めるまで待っていたと言うつもりよ。
なにしろ、みんな死にたくないからね。
当然だろと言うのが、第2子以外の皆の意見とするわけ。
だから、なんと全ての責任を第2子に押し付けるつもり。
それで、皆平気な顔をしているわけ。
馬鹿な奴と馬鹿な奴等。
やっぱ、馬鹿が一人でも家族にいたら終わりね。^^
結局、私に謝れではなくて、第2子に謝れと言わなければならなかったのよ。
逆ね、逆。−−

だから、第2子に親父のことを信じろと葉書に書いて送ったのに。
物事はただ良い悪いではなくて、その先まで見据えて判断しなきゃならないときもあるのね。
でも一貫しているのは悪い気持ちでことをするなってことね。
親父は第2子に家督相続の書類を返せとか、勘当を認めろとか、いろいろ言っていた訳。
それらは全て正しいことだし、その結果、一時的につらい思いをするかもしれないが、
結局は親父に感謝する、より良い方向へ進むのよ。
親父が不幸になることを子供に薦める筈がない。
それならば、親父は子供や孫を欲しいと思う筈がない。
あいつ、親になっても、親父の気持ちがわからないわけ。
しょうがないな。
あとは、追い詰めるしかないんだけどね、そういうことは好きじゃあないんだよね。
彼の目的が金なら、金が無くなれば正気に戻る可能性はあるわけ。
まったく、私は浪費家か?−−;






 








   



   


  • "index.htm"