中村筋肉学研究所
筋肉に新しい命をふきこみませんか?

筋肉学(キネシオロジー)とは?

筋肉学(キネシオロジー)とは西洋の大学で医者やアスレチックトレーナー等を 中心に教えられている運動学(動きの学問)を基礎に独特の筋肉へのテストで身体の不調の原因を 探り調整治療をするアメリカ発の新しい筋肉の学問です。 歴史的に筋肉学理論を公の場所で最初に発表したのがカイロプラクティック医師であるジョージグットハート博士 でした。博士は“背骨のゆがみの原因は筋肉のアンバランスが影響しバランスの崩れている筋肉を矯正/調整する ことで以前のような美しい姿勢に戻ることができる”という独自の研究理論を60年代初頭の米国カイプラクティック 医学会で発表しました。この臨床研究発表は脊椎矯正だけに焦点を当てていた60年代当時のカイロプラクティック界 にセンセーショナルを巻き起こしたそうです。さらにグットハート博士とその高弟達の長期間の臨床研究で、 “脊椎を直接手で矯正せずに背骨と関係の深い身体の反射点を刺激すると筋肉のバランスが整うという臨床研究理論は カイロプラクティック臨床現場の実践で証明され、博士は自らの研究の集大成としてアプライドキネシオロジー (AK 応用筋肉学)と命名し世界に普及されていきました。AKは特にヨーロッパ諸国(ドイツ語圏)でお医者様達が 患者の病気を診断する一つの検査方法として用いられ、多くの患者が昼夜を問わず救われているということです。 日本にも70年代に欧米諸国のカイロプラクティック大学を卒業された先生がAKを持ち帰り普及活動をされ、現在は 一部のカイロプラクティック、オステオパシ―等の先生方が治療の検査法として臨床で実践されています。さらに 日本でも話題になったことがあるOリングテストやキネシオテーピングもAKからヒントを得て開発されたという 経緯があります。 日本にAKが持ち帰られてから30年以上の月日が経ちましたが残念ながら我国では筋肉をチェックして 治療を進めていく独特の検査スタイルは現在でもあまりよく知られておりません。これからこのような欧米諸国で 実践されている有益な身体分析検査方法がもっと日本でも良い形で広がっていくことを切に望みます。