タイトル

保土ケ谷ファミリーブラス~かるがも隊~とは

2008年9月

3人(クラリネット2人・アルトサックス1人)で活動しはじめました。といってもみんな初対面、立ち上げるのも初めて…でまずは話し合いから。

初練習には仲間も増え楽器を鳴らし始めました。まずは仲良くなることから…で話し込むこともしばしばでした(苦笑)

思いは一つ「楽器が吹きたいっ」を胸にママさんだけでなく幅広い年齢層で活動しています。なかなか仕事や個々の用事で揃うことは稀ですが…楽器を吹ける時間を求めて着々と仲間が増えています。

機会を見てはランチ会や土曜の夜の会(?)など企画され、親睦を深めています。

2~3年に1度 自主演奏会を開催し、多くのお客様にご来場いただいており、毎年開催して欲しいとのお声も聞かれて、ありがたく思っています。

他にも、老人福祉施設や幼稚園への訪問演奏、地域の文化祭等にも出演しています。老若男女全ての人が楽しめる演奏会ができるファミリーブラスを目指しています。

あなたも一緒に合奏しませんか?

指揮者紹介

尾形一樹さん 尾形 一樹
(おがた いっき)
YouTubeチャンネル Blog Twitter
↑YouTubeチャンネル、ブログ、twitter ぜひご覧ください♪

12歳よりサクソフォーンを始める。横浜市立岩崎中学校、同桜丘高等学校出身。東京音楽大学を管打楽器専攻首席で卒業、同大学院を甲種特待奨学生として修了。学部2年次以降は給費奨学生に選ばれる。 大学卒業時の推薦により、第87回読売新人演奏会、第14回サクソフォーン協会新人演奏会に出演。

第1回全日本高等学校管弦打楽器ソロコンクール第1位、第25回日本クラシック音楽コンクール第1位、第3回Kサクソフォーンコンクールグランプリ第1位、第9回横浜国際音楽コンクールサクソフォン部門大学の部第1位、第16回大阪国際音楽コンクールAge-U木管楽器部門第2位(1位なし)、第16回ブルクハルト国際音楽コンクール管楽器部門第3位、第34回管打楽器コンクールサクソフォーン部門セミファイナリスト、第14回東京音楽大学コンクール入選 他、数々の入賞歴を持つ。

在学中、学内でカルテットを結成し、AIRS Saxophone Quartetでは2014年学内ソロ・室内楽定期演奏会に出演、Lumière Saxophone Quartetでは松井クラシックのつどい主催フレッシュコンサートに出演、第9回横浜国際音楽コンクール室内楽一般の部第2位を受賞、2016年学内ソロ・室内楽定期演奏会に出演、アカデミー HABANERA in JAPAN2015受講。

在学中よりKOMA’s Quartetのテナーサクソフォン奏者としてアンサンブルで演奏活動を行うほか、M8ウインドオーケストラの首席アルトサクソフォーン奏者を担当し、楽譜出版社ミュージックエイトの吹奏楽、ソロ、アンサンブルの参考音源を担当するほか、各地でソロ含め演奏活動を行っている。
最近では指揮や作編曲も大学院で修了し、吹奏楽の指導、指揮、吹奏楽やアンサンブルのアレンジも行っている。

これまでクロード・ドゥラングル、ヤン・ルマリエ、ジェローム・ララン、ミーハ・ロギーナの各氏のマスタークラスを受講。第21回浜松国際管楽器アカデミーでジャン=イヴ・フルモー氏の指導を受ける他、サクソフォーンを小串俊寿、原博巳、大城正司、鈴木美裕の各氏に、室内楽を小串俊寿、波多江史朗の各氏に、ジャズ・アドリブ奏法をリック・オヴァトン氏に、ピアノを鈴木弘尚氏に師事。指揮法を野口芳久氏に、作編曲を藤原豊氏に師事。

横浜市民広間演奏会会員。Fleur Music Salon、Kasame MusicSchool、トミースマイルミュージック各サックス、ピアノ、ソルフェージュ講師。

自他ともに認める筋金入りの鉄道ファンでもあり、楽しくわかりやすく ご指導くださっています。