杉山家の食卓は、2〜6人までの少人数制家庭料理教室です

本文へスキップ

ピザソース <2017年6月キッズクラス>

材 料:トマト缶1個400g
     オリーブオイル大さじ2(トマト缶の6%)
     塩小さじ1/2(トマト缶の0.6%)
     にんにく一かけ叩いてつぶす
作り方@鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ火にかけます。
    A香りがたち始めたら少し炒め、トマト缶・塩を入れ
     20分程煮ます。

     フレッシュトマトを少し使うと
     もっとおいしくなります(^^)

 

甘酒(みやこ麹をつかって) 

材料:みゃこ麹・もち米一合(うるち米でもOKです)・炊飯器・温度計

作り方
@もち米は一晩水に浸し炊飯器に入れ3合メモリまで水を入れて普通に炊きます。

A炊いている間に麹をほぐします



B炊きあがったお粥を60度まで冷まします

C麹を加え混ぜ合わせます。


D保温のスイッチを入れます

E蓋をあけて布巾をかけます。このまま10時間おきます。
 途中1〜2回混ぜあわせます。

F10時間後 出来上がりです。

出来上がり量は974g
杉山は豆乳と合わせていただくのだ大好きなので馴染みやすいようにミキサーにかけます。


江戸時代は夏バテ防止に栄養ドリンクとして飲まれていた甘酒
俳句では夏の季語ですね
夏は冷やして 冬は少し温めて(^^) 



酒粕で甘酒
材料:酒粕100g水2カップ・砂糖54g
作り方:すべてをミキサーにいれ撹拌します。

2015年1月15日 小正月に小豆粥  希望が丘異業種交流会にて 

材料:5人分 米1/2カップ 小豆20〜30g 水適宜 塩少量
作り方
@小豆を下ゆでします
 今回は圧力なべで圧をかけて3分その後自然放置
 圧力が下がったら豆と茹で汁を分けておきます
 茹で汁はしゃもじで何度かすくい上げると色がよくなります
A土鍋に洗い米と小豆、水と小豆の茹で汁を合わせて3〜4カップを入れ火にかけます
 沸騰したら軽く沸騰が続く程度の火力におとし40〜50分炊きます
B塩を少量入れできあがりです

交流会では小豆とお米の栄養についてお話いたします



その昔七夕に食べていたと言われる索餅 sugiオリジナル 

材料8本分:強力粉70g 米粉50g 砂糖30g ベーキングパウダー小さじ1/3 
      サラダ油大さじ1 塩一つみ

<全体 810kcal  塩分相当量1.7g  給油率10%で計算 >


作り方:ひとさし指ほどの大きさ8〜10本分
@材料をすべて混ぜ合わせます。
 少し休ませてから麺棒でのばし縦長に切り分けます。
A台の上で両端を違う方向にねじり、両端を持ちあげます
 自然にねじりができます。
B低温に温めた油でじっくり揚げて出来上がりです。


はちみつとレモンシャーベット 

材料:ディッシャー4〜5杯分
水200cc・砂糖40g・はちみつ10g
ゼラチン3g・レモン20cc

作り方
@ゼラチンを大さじ1の水(分量外)でふやかします
A水・はちみつ・砂糖を鍋に入れ火にかけ、糖類を良く溶かします
Bふやかしたゼラチンを加え良く溶かし、最後にレモン汁を加えます
C荒熱を取り熱伝導率の良い器に入れ、時々良くかき混ぜて 凍らせます
 あまりガチガチに凍らせないでね(^^)


新じゃがのそぼろ煮 

材料:4〜5人分
新じゃが中3個(300g)にんじん1/2本(50g)青身少量
A<鶏挽肉120g・水1カップ・しょう油大さじ2弱・酒大さじ1・砂糖大さじ1・しょうがスライス2~3枚>
水溶き片栗粉<かたくり粉小さじ2・水小さじ3〜4>

作り方
@新じゃがはきれいにあらい、皮つきのまま少し大きめの一口大に切りわけます。
Aにんじんは皮を剥き乱切りにします。
鍋にAとじゃがいもとにんじんを入れ火にかけ、ジャガイモが柔らかくなるまで煮ます。
B水分の残り具合をみて、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
 青身をちらしてできあがりです。


切干大根のハリハリ漬け   

材料:4〜5人分
切干大根乾燥20g・昆布3pほど・にんじん100g・えのきだけ1/3束
漬け汁(だし汁1/4カップ・しょう油大さじ1・酢大さじ1/2・砂糖小さじ1)
赤唐辛子小口切り少し

作り方
@昆布は細切りにして漬け汁に漬けます。
A切干大根はもみ洗いし、少量の水で戻し水気を絞り食べやすい大きさに切り分けます。
Bえのきだけは食べやすい大きさに切り分け、キッチンペーパーに包み
 電子レンジ500wで30秒加熱します。
C1の器に材料をすべて入れ、漬けこみます。

*切干大根、茹でないほうが歯ごたえを楽しめますが
 気になる方は戻してから茹でこぼしてください。





キンカンの甘露煮 

材料:きんかん・焼酎(きんかんが浸るぐらい)・砂糖(きんかんの重量の1/3量)・水
作り方
きんかんは重量を量り きれいに洗って縦に切り込みを4〜5本いれます
沸騰湯で2〜3回ゆでこぼし竹櫛などで種を取り除きます
種とりは時間のかかる作業です

鍋にきんかん・焼酎ひたひた(日本酒または水でもOK)・用意した砂糖の1/3
量の砂糖を入れ火にかけ沸騰したら弱火にします
残りの砂糖を2回に分けて加え煮汁がとろりとしてきたら出来上がりです



スープ&汁もの

わかめとアボカドの生姜和汁 <2011年3月きょうのごはんより>

材料:だし汁3カップ・アボカド一個・生わかめ30g・しょうがすりおろし10g・だし汁3カップ
   薄口しょうゆ小さじ1・塩小さじ3/5
作り方
@わかめは食べやすい大きさに切り分け、アボカドは一センチのさいの目に切りわけます。
 しょうがはすりおろします。
A鍋にだし汁・塩・薄口しょうゆを入れ火にかけます。
 沸騰したところへわかめ・アボカドを入れ器に盛り、しょうがを添えていただきます。


副菜

かぼちゃの煮物 <2011年7月基本料理より>

材料:かぼちゃ1/4個(正味300g)水1/2〜1カップ・砂糖大さじ2・塩小さじ1/3
作り方
@かぼちゃは種をスプーンなどでくりぬき3p角に切り分けます。
A平なべにかぼちゃを並べ、水をひたひたになるまで注ぎ火にかけます。
B沸騰して少ししてから砂糖・塩を入れかぼちゃが柔らかくなり煮汁が殆どなくなるまで煮て
 出来上がりです




**セロリのおかかいため**
セロリの葉と茎を別にし茎は食べやすい大きさにします
フライパンにサラダ油を少量熱し茎を炒め しょう油 みりん おかか セロリの葉を加え
一気に炒りつけて出来上がりです



主菜

つくね <2013年3月基本料理より>

2個くし刺し4本分
材料:鶏ひき肉240g・卵1/2個・酒・大さじ1・塩小さじ1/5・しょうがすりおろし少し
   サラダ油小さじ2
作り方
@サラダ油以外の材料をすべてボールに入れよく混ぜ合わせます。
Aフライパンにサラダ油を熱し、1を丸めて入れます。
B両面焼いて出来上がりです。

画像のように丸く仕上げたいときは一度茹でます。


主食

炒り大豆ごはん<2013年4月キッズクラスより>

材料:洗い米2合・大豆50g・水2カップ・塩小さじ2/3・酒大さじ2
作り方
@大豆は軽く水洗いをし、フライパンに入れ、弱火で30〜40分空炒りします。
A洗い米は炊飯気に入れ2合メモリまで水を入れます。
 塩・酒を入れ混ぜ合わせ、上に炒り大豆をのせて蓋をし、スイッチを入れます。
B炊きあがったらごはんをほぐして盛り付けます。



カツオと昆布のだし汁

出来上がり量500cc
材料:水600cc 昆布一節 かつお節12g(水に対して2〜3%重量)
作り方
@水に昆布を一節入れしばらく置きます
 最低でも2〜30分程
Aそのまま火にかけ沸騰直前で昆布を取り出します。
B軽く沸騰したところへかつお節を投入、一呼吸置いてから火を止めます。
C5分ほどしてから静かに濾してできあがりです。




*だしがらは刻んでしっとりふりかけにします。

**しっとりふりかけ**
@だしを引いた後のかつお節軽く絞りきざみます
 昆布もきざみます
 全体の重量を計ると味付けが簡単です
 今回はだしがら100g
Aゴマ油またはサラダ油を熱したフライパンに
 1のかつおぶしと昆布を入れ軽く炒めます。
Bしょう油大さじ2弱(塩分5%)砂糖大さじ2
  酒大さじ2 すりおろしたショウガ少しを入れ
  煮詰めてできあがりです

  画像はクルミ入りです 他 ゴマや七味唐辛子など
  入れると味の変化を楽しめます。 



煮干し出汁

出来上がり量500cc
材料:水600cc 煮干し12g(水に対して2〜3%)
作り方
@水に煮干しを入れしばらくおきます。
 私は一晩おいたりします。
Aそのまま火にかけ、沸騰したら軽く沸騰が続く程度の火力で5分煮だします。
B濾して出来上がりです。

一般的には頭とはらわたを取り除いてから水に浸しますが
頭とはらわたにもいい栄養がありますからそのまま使います。




*こちらのだしがらも佃煮にいたします。
 その際は頭とはらわたを取り除きます。


お米の計り方 洗い方

@一合カップ(180cc)でお米を山盛り入れ、指でふちをなぞりながら平らにします。
A乾いたザルにお米を入れ、水を貯めたボールにザルごと入れ、すぐに引き上げます。
B広げた指で(手でソフトボールをつかむような指の状態) 米を軽く10〜15回ほど回します。
 

 昔のようにごしごし研ぎません。
 現在は精米技術が向上しており、精米したお米は皮を剥いたモモのと同じ状態
 ごしごし研いでは表面に傷をつけ、旨みも抜けてしまいます。

C水をたっぷり入れ、ざるを引き上げること2〜3回
 そのまま水気をきります。
D炊飯器に米を入れ、メモリまで水を入れ炊飯のスイッチを入れます。


計量カップと計量スプーン

計量カップ 
200cc:水やだし汁その他を計ります。
180cc:一合カップ お米を計ります

計量スプーン
15cc:大さじ1
 5cc:小さじ1



杉山家の食卓

〒241-0822
横浜市旭区さちが丘